相互RSS 相互リンク様の新着記事です。




2013年07月21日

ガンダム エアブラシによる塗装の修正(リタッチ)

《修正前》
IMGP2991.JPG
関節グレーを吹いたときにマスキングの隙間から塗料がはみ出てしまいました。

《修正後》
IMGP3021.JPG

目立たない箇所の塗装のはみ出し部分の修正は、筆塗りでちょんちょんと塗って簡単リタッチで済ますのですが、この部分は完成後も目立つ箇所ですので、エアブラシによるリタッチに挑戦しました。

吹き方は、グラデーション塗装と同じ要領で吹きました。

エア圧は0.04paまで下げ、塗料の薄め具合は0.04paで細吹きの吹き始めがスムーズに出来るまで希釈しました。

ここで一気に修正しようと無理をすると、すぐにお日さまマークが出来てしまいますので、吹き加減も、色が乗っているか乗ってないかぐらいの絞り具合で、薄く薄く慎重に塗料を重ねていきました。






ガンダム 組立開始 其の2

IMGP3001.JPG

IMGP3004.JPG

IMGP3007.JPG

IMGP3008.JPG

IMGP3010.JPG

IMGP3012.JPG

IMGP3014.JPG

IMGP3018.JPG

IMGP3020.JPG



2013年07月20日

ガンダム 組立開始

IMGP2994.JPG

IMGP2996.JPG

IMGP3000.JPG

出来上がったパーツから順々に組み上げていきまぁぁす!!











ガンダム バズーカとコアユニットの塗り分け

IMGP2980.JPG

多少、塗り分けの堺目が甘い部分もありますが、、

だいたいキレイに塗り分けることができました。

今回はこれでヨシとします。

IMGP2982.JPG

おぉ、、梨肌。。(´д`)

見なかったことにしよう。。

IMGP2983.JPG

青色を塗って、赤色を塗って、最後に灰色を塗ります。

今回が3色目ですので、2度目のマスキングになります。

IMGP2986.JPG

IMGP2985.JPG

まぁ、、、、

ヨシとします。

IMGP2991.JPG

IMGP2990.JPG

IMGP2989.JPG

これは、、、

修正です。

あまり目立たない箇所なら筆塗りでちょんちょんっと白を乗っけるところですが、

足の甲はけっこう目立つ箇所ですので、エアブラシで修正しようと思います。

特にマスキングはしないで、細吹きで修正箇所だけ吹いてみます。





2013年07月19日

ガンダム スミ入れ

IMGP2976.JPG

IMGP2978.JPG

IMGP2975.JPG

スミ入れには、タミヤのスミ入れ塗料(ブラック)を使用します。

この商品は、スミ入れに適した濃度に希釈されていますので、そのまま使用することができます。

スミがはみ出た部分は、エナメル用シンナーを染み込ませた綿棒で拭き取ります。



肉眼で見ているとそんなに気にならないのですが、写真で拡大すると処理の甘さが目立ちます。。







ブログパーツ アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。