相互RSS 相互リンク様の新着記事です。




2012年12月24日

1/144 MSN-001A1「デルタプラス」HG

1.jpg

MSN-001A1「デルタプラス」

形式番号:MSN-001A1
全高:19.6m
本体重量:27.2t
ジェネレーター出力:2360kw
装甲材質:ガンダリウム合金
武装:
60mmバルカン砲
ビーム・ライフル
ビーム・サーベル
2連装グレネード・ランチャー
ビーム・キャノン
シールド




2体同時進行

先日、ユニコーンガンダムのスジボリが完了して洗浄したのですが、

冬場はパーツの乾燥に時間がかかりそうなので、

乾燥と工作を交互に取り掛かれるようにもう1体購入することにしました。

早速、

仕事帰りに会社近くのジョーシンに向かったのですが、、

クリスマスイブの夜に、

作業服を着た30歳のおっさんが、

おもちゃ売り場で、

ガンプラの箱を両手に持って、

1時間、真剣に悩んでました。

(゚ω゚)

Hi-νガンダムにしようか、デルタプラスにしようか、、、

何度も何度もパッケージの絵を見比べて、

箱の横の説明を熟読し、

迷いに迷って、

デルタプラスに決めました。

(^O^)



デルタプラスの制作工程を考えてみた。

デルタプラスの制作工程を考えました。

1 ランナーの状態で捨てサフ

2 仮組

3 面出し・スジボリ・改修

4 スチールボールの埋め込みに挑戦

5 洗浄・乾燥

6 仕上げサフ

7 塗装

8 デカール貼りに挑戦

9 クリア

10 完成


今回は、まずはじめにランナーの状態でサフを吹いてみることにしました。

サフをはじめに吹いておけば、

ヒケも見つけやすいですし、面も出しやすいですし、スジも彫りやすいですし、

何より持ち手を取り付ける工程が1回少なくて済みます。

なんだかいい事づくしのような気がします。

あとは、

今回の制作課題ですが、スチールボールの埋め込みに挑戦することです。

ちなみに、

すでに必要な道具はすべて購入済みです。(^O^)



2012年12月25日

捨てサフ完了(^O^)

2.JPG

Aランナーの頭部バイザーのクリアパーツは切り離しときます。

あと、EランナーはABS樹脂のパーツですので塗装はしません。

ランナーの状態だと、あっという間に吹き終わりました。

が、

塗装ブースで吹こうとしたら、ランナーのサイズだと側面は吹きにくいですね。

ランナーを横にすると塗装ブースの吸引領域外になってしまいミストの飛散が気になります。

いちお、防塵マスクをしながらの作業ですのでミストの吸い込みは安心です。(^O^)

NEC_0013.JPG

ランナーに直接吹く場合は、お外でササッと吹いてしまうのも手かも知れません。

明日は、

ユニコーンのパーツも乾燥していると思うので、塗装の持ち手の取り付けをしようと思います。





2012年12月29日

デルタプラス仮組開始

7.JPG

胴体の仮組です。

ちなみに、首のパーツはABS樹脂ですので塗装が出来ません。

ABS樹脂は塗料が食いつかず剥がれるみたいです。

8.JPG

仮組完了後、分解しやすいようにピンはニッパーでカットしてあります。











ブログパーツ アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。