相互RSS 相互リンク様の新着記事です。




2013年01月03日

デルタ ウィングのエッジ出し

丸まった角のエッジ出しですが、

今までは削って尖らす方法でやっていましたが、今回はパテで盛ってから尖らす方法をやってみました。

1、パテを盛る丸まったエッジ部分を軽くヤスリをかけてパテの食い付きをよくします。

2、ポリエステルパテをエッジ部分に団子状に盛り付け、乾燥を待ちます。

3、乾燥しましたら余分な部分をモデラーズナイフで削っていきます。

4、最後に面出し用のヤスリで面を整えていきます。

40.JPG







2013年01月04日

デルタプラス 表面処理 其の一 

41.JPG

全体に600番のヤスリをかけてから、800番で仕上げています。

パッと見では見逃すようなヒケもヤスリでひと皮抜けば、簡単に発見できます。

ひと皮抜いても消えないようなヒケは、ラッカーパテを盛り付けて、乾燥後に再度削ります。

っというような処理がこれから永遠と続きます。。。

(>_<)

デルタプラス、正月休み中の完成はなくなりました。





2013年01月05日

デルタプラス やっぱり取れました。。

42.JPG

前回、

エッジ部分にポリエステルパテを盛ってエッジを尖らせたのですが、

いつの間にか取れてました。

(>_<)

しかし、取れるタイミングとすればバッチリです。

最終クリア吹いた後にポロっといこうものなら、、

(´Д` )


ってことで、

削りました。



デルタプラス 表面処理 其のニ

43.JPG

44.JPG

初めは600番、800番の順で表面を整えていましたが、400番も追加しました。

400番でガッツリと面を出してから、600番で整えて、800番で仕上げています。

面出しにしようしているHIQPARTSのリタックスティックですが、本当に使いやすくいい感じです。

(^O^)

今回は、丁寧に表面を仕上げているので塗装が楽しみです。

下地の仕上げのサフは1200を吹いてみようと思います。

正月休みもあと1日だけとなりましたので、ラストスパートがんばります。


-余談-

HGUCのデルタプラスを制作した人に聞いてみたいのですが、

すね当てのパーツのズレひどくなかったですか??

金型が悪いのか、たまたまハズレを買ったのか、すね当てのパーツの合わせる箇所が1mmぐらいズレていました。

最近のガンプラにしては珍しいなぁっと思い、ちょっと書いてみました。



2013年01月08日

デルタプラス 表面処理 其の三

45.JPG

46.JPG

本日の作業は、ここまで。

平日は、寝る前にちょこっと時間が作れる程度ですので、ぜんぜん進みません。

(´・ω・`)

足の内部フレームのシリンダー部分は、『塗って磨けば金属感!Mr.メタルカラー』を吹いて磨いてみる予定です。

47.JPG

手間ですが、クリアコートもシリンダーだけは光沢クリアを吹いてみる予定です。



ブログパーツ アクセスランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。